fc2ブログ

記事一覧

日の光を浴びるというのは馬鹿に出来ません

例年にない秋雨前線の停滞により雨続きだった日々がようやく終わり、8月末にして再び夏到来と言った感じになりましたね。どころか、今週末は体温をも超える猛暑の可能性が高いようで、熱中症には充分注意する必要があるとかなんとか。しかしながら、やはり晴天というのは気分もまた晴れやかにしてくれるもので、ほんの数分日の光を浴びるだけでも随分と心が癒やされます。昔はそんなの微塵も気にしなかったのですが、心が病めば病...

続きを読む

気になりだしたら止まらないのは性分なのでしょうか

以前も書いた記憶がありますが、モノの接地面が異常に気になる事があります。例えば積み重なった雑誌の一番下であったり、例えばフローリングに敷いたカーペットの裏側であったり、普段生活している分には気にも止めないのに、ひとたび気になると何度も何度もそこを見たり拭いたりと気になって落ち着かなくなります。もちろんそれは通常の確認ほど頻繁に起こる事ではありませんが、なかでも頻度が高く感じるのはキーボードとPCの接...

続きを読む

頭ではわかっていても気分がそうさせてくれません

時折人の言ってる言葉がわからなくなる事があります。理解出来ないとかではなく、例えば日付だったり例えば時間だったりと、それが大事な事であればあるほどに「本当にこれで合っていたっけ?」などと不安になりがちです。そんな時私は恥を忍んでもう一度聞くのですが、一度不安になったものが二度聞いて解消出来るはずもなく、結果何度も聞き返したくなるのもまたある種の強迫性障害、確認行為のひとつなのかもしれません。ただ、...

続きを読む

切っ掛けは突然思い立っただけでした

最近、お風呂の確認行為が格段に短くなっている事に自分で驚いています。きっかけはGW明け、自分で長期休暇明けはパターン変更のチャンスなんて言っていた事もあってか、なんとなくおもむろにそのパターンを変えてみたら見事はまってくれて、気がつけば今週はずっと5分以上の短縮に繋がっているかと思います。もともと、お風呂に入ると私は石鹸、髭剃り、給湯器の点灯確認に異常なまでの時間を奪われていました。そのうち石鹸と髭...

続きを読む

考えない事こそが不安脱却のコツと信じます

明日からようやくGWです。GW前夜と言えば私的には恒例の長期休みにおける確認作業にドギマギする日なのですが、さすがに慣れてきたのか、今回は珍しくそれほどモヤモヤしていません。まあ、あくまでそれほどであり、相変わらずちょっとはモヤモヤするところがあるのですが――。むしろ昨日の昭和の日の前日のほうがなぜかドギマギしていて、なんだか前倒しされたような感じです。とりあえず、土日前の確認と長期休暇前の違いは、常に...

続きを読む

始まりも終わりもちょっとしたことが切っ掛け

以前、ペットボトルの蓋が気になりますというタイトルで記事を書いた通り、私はペットボトルを冷蔵庫に入れる際、蓋がちゃんと閉まっているかどうかがやたら気になります。いや、気になっていました。過去形なのはもちろん今はもう気になっていないからなのですが、正直なぜ気にならなくなったのか自分でもよくわかっていませんでした。なので、少し考えてみたところ、そもそも気になっていたのがちゃんと閉まっているかどうかであ...

続きを読む

怒りという感情は重荷以外のなにものでもありません

去年だかTwitterでバズった言葉に「怒りは貧しい人の娯楽」なんてものがありました。耳にするだけでもハッとさせられるものがありますが、貧しいという単語が「金銭的に」だけでなく「心が」にも掛かりうると考えると、よもや愚かしい自分に向けた戒めの言葉にさえ思えてきます。確かに怒りというものは誰かしらにその矛先を向けることでストレス発散出来るだけでなく、同意されるとなんだか心情を分かってもらえたような気がして...

続きを読む

完璧を目指すのは完了してからのこと

Facebookを立ち上げたプログラマ、マーク・サッカーバーグの言葉に「Done is better than perfect.(完璧を目指すよりまず終わらせろ)」というものがあります。なまじ完璧主義が故にあらゆる場面で躓きがちな私にとってはまさに目から鱗のような言葉ですが――なかなかどうして、わかっていてもなかなかそれが出来ないんですよね。もともとこの言葉は、仕事だけに限らずすべての行動において心掛けると生産性があがる、または結果的...

続きを読む

私が完璧主義になった切っ掛け

強迫性障害を患う人は完璧主義が多いという話をよく聞きますが、そもそも完璧主義になった切っ掛けってなんなんでしょうね。もちろん生まれ持っての性格や生活環境なども大きく関わっているかと思いますが、私の場合は良くも悪くも幼い頃過剰に褒められた記憶がその切っ掛けとなっているような気がします。幼い頃の私は周りの子たちと比べて少しだけ算数が得意でした。いや、得意と言うよりそれなりに結果が出ていたことで、両親は...

続きを読む

延々と同じことを繰り返すなんてことは誰にも出来ないのです

いつからかは覚えていませんが、歳を重ねていくにつれ物事をあまりポジティブに捉えることが出来なくなっていました。もしかして、ひょっとして、なんてことばかりが頭を過り、それを少しでも解消したいがために行っていたつもりの行動が得てして強迫性障害のはじまりだったかのようにも思います。けれどもひとつだけ、唯一と言って良いほどポジティブに捉えていることが「何事であれ延々と同じことを繰り返すことは絶対に出来ない...

続きを読む

最近のひとこと

ハピタスを経由してYahoo! JAPANカードを作成すると最大11,000円相当のPayPayボーナスがもらえるとかなんとか。

ホンヤクラブ

  
  

amazon