fc2ブログ

記事一覧

気にしすぎないようにと思えば思うほど気にしちゃうから困りものです

強迫性障害を患ってからどれくらいの年月が経ったか分かりませんが、確認行為だけに悩まされていたのも今は昔、ここ数年はどうやら加害恐怖も併発しているようです。加害恐怖というのは、自分のせいで誰かに被害を加えてしまっていないか不安になるもので、特に私の場合は誰かとすれ違う際にぶつかりやしなかったか、そのせいで道路に押し出してしまい事故にあわせてやしないかが気になってしょうがありません。もちろん実際にそのような状況に陥った事は一度もないのですが、日々誰かとすれ違う際はそれが気になって気になって無駄に疲れてしまいます。

また、確認行為に繰り返しがつきものであるように、加害恐怖に囚われるとその不安を鎮めたいがあまりついその場に舞い戻ってしまう事が多々あります。例えば散歩をしていて公園の前で誰かとすれ違った際、その場はよくても徐々に不安が湧き上がり、居ても立ってもいられずまたその公園の前へと戻ってしまうという、まるで放火犯は必ず現場に戻るみたいな気分でなんともやりきれません。

ただ、そんなんじゃどこも歩けないだろうと思うかもしれませんが、これがまた不思議なものですべてのすれ違いに不安を感じるわけでもないんですよね。むしろ確認行為と似ていて、「あ、これ気になるかも?なんか気になりそうだな」と勝手に意識してしまった時ほど囚われやすく、いっそう不安が募りやすい気がします。むしろ、良くも悪くも他に気を取られている時は自分でもビックリするほどスルーしている事が多いのですから、なんとも自分勝手なものです。

でもそう考えると強迫性障害ってとにかく気にしすぎなんですよね。気にすると気になるのは当たり前。特に不安は不安に思えば思うほど大きくなりますから気にしないのが一番――でも気にしちゃうから病なんですよね――。

気分転換のため、日光を浴びてセロトニンを増やすため、晴れた日の昼間は常に会社の周辺を歩いているのですが、歩けば歩くほど加害恐怖に見舞われる確率が増えるから困ったものです。まあ、それでも歩きますけどね。まるでリハビリのように、なんならほら大丈夫だったと自分に言い聞かせるように。もしかしてこれも暴露反応妨害みたいなものでしょうかね。その割にはなかなか抜け出せませんが――。

最近のひとこと

ハピタスを経由してYahoo! JAPANカードを作成すると最大11,000円相当のPayPayボーナスがもらえるとかなんとか。

ホンヤクラブ

  
  

amazon