fc2ブログ

記事一覧

人目をやたら気にします

いきなりですが私はこれまで結構孤独な人生を歩んできたように思います。もちろん友達はちゃんといますよ?社会生活も特にこれといった問題はないと思いますし、決してひとりぼっちだなんて考えたこともありません。あくまで心の問題かもしれませんが、共働きの両親の元でひとりっ子として過ごして来たせいなのか、基本的になにをするにもひとりが気楽なんです。気がつけばいつも自ら望んで無理矢理にでもひとりの時間をつくっているような気さえしますするのです。

けれどひとりでいる時間が多いということは、どこか自分で時間配分を調整する必要があるわけで、自分のことなのだから誰にも迷惑掛けるわけではないというおごりからか、他人から見ると少しわがままな行動が多いかもしれません。


誰にも邪魔されたくない


その確たるもののひとつが何事においても邪魔されるのを極度に嫌う性質です。兄弟もいない、なにをするにもひとり、そんな私は自分の立てた予定が他人によって崩されるのをとても嫌います。もっといえば私のなかでは恐ろしいことに、確認行為をする時間さえもが心のどこかで予定に組み込まれているらしく、だからこそその最中、他人に声を掛けられるのはもちろん視界に誰かが映ったり遠くで物音がしたりするだけでなんとも腹立たしいほどの怒りが込み上げてしまうのです。

なんて言い訳がましいことを書き連ねましたが、もちろん自分が間違っているのは百も承知です。ただなにが言いたいかというと、この性格が災いして必要以上の確認行為をしているのではないかというところなのです。


部屋と他人と確認行為


どんなに望んでも決して誰とも接さず生きていくことなんて出来ません。会社にいけばもちろんのこと、コンビニにもレストランにも、果てはその道中にさえ見知らぬ誰かが必ずいるのです。けれど考えてみれば確認行為を行っている時は案外周りに誰もいないことが多くないでしょうか。そういうタイミングを見計らっているのではなく、周りに誰もいない時こそ心配性の自分が出てきて必要以上の確認行為を行っている気がするのです。

これはあくまで私の場合ですけれど、確認行為を行うのは自室を離れる時であったり家に誰もいなくなる時であったり、はたまた会社で誰もいなくなる時であったりと、得てしてそこから立ち去るのが自分だけの場合に限る気がするのです。例えばその後確実に誰かがそこへと立ち入る可能性がある時なんかは、最低限の確認こそすれいつもほどの繰り返し行為はしていないようにも思えるのです。


決して他人を巻き込むなかれ


随分と長くなってしまい恐縮ですがもうひとつだけ。私はやたら人目を気にします。だからこそひとりになりたがるのかもしれませんが、とにかく出来る限り他人にはあまり格好悪い姿を見せたくないのです。そんなの誰でも同じですか?けれど私にとっては他人にみっともない姿を見せたくない、恥をかきたくない、そんなどうでもいいプライドが幸いにも極力確認行為をしない方向に向かう場合があるのです。

そこには格好悪い姿を見せたくない心理が働いていると同時に、先に述べたとおり自分が立ち去っても誰かいれば安心という心理が働いているのかもしれません。だったらこれを逆手に取ることは出来ないだろうか――なんて考えてはいるのですが残念ながらここまで、ちゃんとした答えにはまだ辿り着いていないのが現状です。

だらだらと書くだけ書いてオチはないだなんてこのブログらしいですが、ひとつだけ注意したいのは決して他人を巻き込まないことです。自分じゃ何度確認しても落ち着かないから代わりに誰かに確認してもらいたい。そう思うことは私にも多々あります。そうやって自分以外の誰かに見てもらうことでまるでいままでの繰り返し行為が嘘のようにどうでもよくなる経験もあります。でもそれはあきらかに不安の共有、嫌な言い方をすると心配を他人になすりつけることで自分を楽にしているに他なりません。

それでも不安から解放されるのならいいじゃないかと思うこともあります。けれどそれでは結局根本的な解決に至らないのもまたわかっているのです。だってそもそも確認行為をする時は結局ひとりなんですもの。いつもそこに誰かを連れてくるわけにはいかないじゃないですか。

最近のひとこと

ハピタスを経由してYahoo! JAPANカードを作成すると最大11,000円相当のPayPayボーナスがもらえるとかなんとか。

ホンヤクラブ

  
  

amazon