FC2ブログ

記事一覧

たかがショートカットされどショートカット

みなさんショートカットキーって使いますか?私はもともとデザイン業で会社でも普通にMacintosh使いなので常に右手はマウス、左手はキーボードなのが基本です。そのクセが抜けなくてWindowsでも左手は常にキーボードにあり、なにかに左手で行おうとするのですが――Macとの違いはもとより、キーボードによって異なる微妙な配列の違いによく悩まされています。

個人的にキーボードは昔ながらのカチャカチャと音がするタイプが好きなのでで、基本安物で事足りるのですが、今回パソコン購入と同時に付属していたものを喜び勇んで使用したら、コントロールキーとウインドウズキーの間にFnキー、いわゆるノートパソコンなどでよく見るファンクションキーが存在しており、なにかにつけて誤操作を連発しています。慣れれば同じ――とは思うんですけどね。染みついた手癖はなかなかにとれず、つい目で追ってしまうたびにイライラしたりなんかして。あとBackSpaceの位置が微妙に異なるのもかなり問題で、いつもの調子で小指で押したつもりがInsertキーを押していてただカーソルが変化しているだけだったなんて事がしょっちゅうです。

そのため、昔からどうしても手放せないのがChange Keyと呼ばれるキー配列変更ソフトです。文字通りキーボードの配列を任意に変更するもので、キーボードが変わるたびいつもお世話になっています。常駐型ではなくレジストリを直接変更するため一度変更してしまえばずっとそのまま。ただ、自分の手癖と相談しつつ入念に法則を決めないと、忘れたら偉い事になるので注意が必要かもしれません。

ちなみに私はテンキー付きのキーボードでありながらも敢えて外付けのプログラマブルテンキーを接続して使っています。左手でテンキーを使うのはもちろんの事、なにより任意のショートカットを自由に割り当てられる事が出来るため、多くのソフトで共通のショートカット、例えばCtrl+F4であったりCtrl+Sであったりを設定して随分と便利に使わせてもらっています。秀逸なのはソフトで設定したショートカットをハードが記憶してくれているというところで、つまりはそのテンキーを違うマシンに接続しても同じ挙動を行えるという、まさに至れり尽くせりな代物でこれまた手放せないハードのひとつです。

ショートカットは数が多くてなかなかに覚えるのが煩わしいですが、とりあえず使えそうなものだけでも覚えて、無理にでも左手で行うようクセづけると便利な事このうえないです。ソフトによってはショートカットを自由に変更出来るものも少なくないので、よく使うソフトほど使いやすくカスタマイズすると格段に効率が上がりますよ。

amazon