FC2ブログ

記事一覧

常識が覆されている現在何を信じればいいのやら

菅内閣が発足した途端ジャパンライフ会長が詐欺容疑で逮捕。これから安倍内閣の闇が次々と暴かれるだろうと囁かれており、検察頑張れ!なんて声もちらほら聞こえますが――そもそも安倍さんが総理大臣だった時は忖度されていたという事実事態がおかしな話だと思うのは私だけでしょうか?上級国民なんて揶揄されている飯塚氏の公判も近づいており、安倍さんがいなくなったいまどういった判決が下されるのかというのもまた注目されているようですが――結局は金と権力がすべてみたいな昭和的流れが政治だけに止まらず世の中にはびこっているうちは何も変わらない気がします。

昨今、巷でも正義という大義のもとで悪を滅そうと躍起になっている人を多くみかけますが、悲しいかなこの世の中に勧善懲悪なんて存在せず、見方を変えればどちらが正義でどちらが悪かなんて誰にもわかりません。本来それを判断する基準こそが常識と呼ばれるものでしたが、現在ではそれさえもがあやふやになっており、正直自分の中の常識でさえ本当にそれでいいのかと疑わしく思えてしまうほど世の中多くの思想に溢れています。

例えば飯塚氏による池袋の暴走事故においては、私の目からすると理由はどうあれ事故からの殺人に変わりは無く、被害者への感情移入抜きにしてもここまで判決が長引くのはおかしいとしか思えません。けれども、インタビューにて飯塚氏は高齢者が安心して運転できる社会に、安全な車を開発するように、なんてあたかも車の性能不備により事故が起こったと言わんばかりのコメントを発表しました。もちろん、多くはこのコメントに怒りを露わにしましたが、飯塚氏からしてみればおそらく本当にそう思ってのコメントなわけで、もしも公判により無罪とはいかないまでも不起訴となれば、つまりはここでも常識という認識が湾曲してしまうわけです。そうならないよう、せめて司法だけは凜とした態度で判決を下して欲しいと思うのですが、黒川検事長の件もありますからどうなることやらですね。

そういえば高松の車内に幼児を置き去りにして死亡させた事件でも車が悪いなんてとんちんかんな意見で擁護していた議員がいましたね。一部マスコミもその気になれば子供も自力で出られたのではないか?とまるで何もしなかった子供もいけないと言わんばかりのコメントに炎上していましたが――大多数の意見こそが正しいとするのもまたおかしな話で、もはや常識という思想はどこで判断すればいいのかよくわからなくなってきます。

おそらく誰も勧善懲悪なんて望んでいないと思うのです。ただ悪いことは悪いでそこに身分は関係無いという正義だけは私もまた同意してしまいます。上級国民だろうが、だれがどれだけ儲けていようが私には関係ありません。巡り巡って経済の活性化に繋がるなんてのは抜きに、それが身分の違いだと身に染みて認識しています。ただ悪いことは悪い、その単純明快な善悪だけは崩れて欲しくありませんね。

多くの感情が入り乱れる人が人を裁くことは難しく、だからこそそれに左右されないよう定められているのが法であると思うのですが、その法を定めるのもまた人であり、それを施行するのもまた人であるという矛盾。なにが正義で何が悪だと言い合う前に、そもそもの法さえもが人によって湾曲されつつある事実を粛正しなければいつまでたっても理不尽な悪は断ち切れないと思わされ今日この頃です。

amazon