FC2ブログ

記事一覧

今年もバイオリズムに踊らされます

今年に入ってからというものいまいち気分が優れませんでした。気分が優れなければ自然と体調もあまり芳しくなく、なにをやっても気が滅入るといいますか、油断すると持ち前の想像力が遺憾無く発揮され、ろくでもなくことを考えてしまってはいっそう気落ちしてしまっていました。ただ、それも一昨日までの話であり、昨日からはなにがあったわけでもなにのに妙に心が落ち着いているから不思議なもの。もしやと思いバイオリズムを見直してみると、見事なまでにお正月あたりから下降していて、一昨日が感情と身体ともに-100という最低調日でした。ですが当然昨日からはどちらも上昇していて、来週なんて知性も含めてすべてが最高調という――そんななんの根拠も無い眉唾のそれに喜びを感じてしまうほど今日は絶好調です。

ちなみにバイオリズムは科学的に実証されていません。生命体の感情や知性などは周期的パターンに沿って変化するという仮説に伴い、生年月日から導き出されたそれをグラフ化しただけのものです。まあ、周期的パターンがあるんじゃないかってのはなんとなく頷けるのですが、生年月日が同じ人なんていくらでもいますからね。その理屈が当てはまるならば同じ生年月日の人との相性は常に最高となりますから、あくまでまじない的なもの以外のなにものでもないでしょう。

ですが、以前にも何度か書いたとおり、個人的には指標としてなかなかに役立っていたりします。特に感情に周期的ななにかがあるのは感じますから、常にバイオリズムを見てはその日の自分の身体、感情、知性を知る――いや、意識してそれにあわせているふしさえあります。まあ、あと自分に対する言い訳にも使ってますかねえ。前述のように、気分が滅入っているのはバイオリズムが下降線だからだなんて――。

昔から感情をコントロール出来ればどれだけいいかとよく思ってしまいます。誰しも浮き沈みがあるものだと思いますが、それによりやりたいこと、やれることが変わってきたりしませんか?ともすれば感情が揺れると体調にも影響を与えますし、知性的な行動が取れなくなったりもします。それが人間だと言われればそれまでですが、せめてその高低差を狭めて出来うる限り振り幅を減らしたいものですね。

amazon