FC2ブログ

記事一覧

予定調和の戯れ言はさすがに見飽きました

今日、内閣不信任案が提出され、またかと思ったのも束の間、夕方には当然の如く否決されていましたね。以前二階氏が「不信任案が出されたら直ちに解散する」なんて言っていたからどうなる事かとも思いましたが、蓋を開けてみればいつもの茶番が繰り返されているだけ。もはや野党の恒例行事となっているだけに見ているこっちは辟易した思いしか残りません。

そもそも内閣不信任案が可決された例なんて過去数えるほどしか記憶にありません。そしてそのほとんどは与党の謀反からくるものであり、むしろ与党内部でそれが無い限り可決する事はまずないものと誰もが理解しているはず。なのにそれをわかっていながら、ただ与党の政策を批判するがためだけに行う格好だけの不信任案提出はただただ時間の無駄でしかなく、己の政党の意義だけを目的に行う程度のものならそれこそ不信任案の在り方を議論した方がよいのではないかとと思ってしまうほどの愚行にしか思えませんね。

現内閣にもの申したい気持ちはわかります。政策が伴っていないじゃないかと言いたいのもわかりますし、我が党ならばと主張したいのもわかります。特にここ数年は国としてもまさに未曾有の危機が続いており、想像以上に事が上手く運んでいないのは国民とて身を以て理解していると思います。しかしながら、じゃあ政党を変えればいい!なんて軽はずみに言われてもいったい誰がそれに賛同するのでしょうか。

たとえ上辺だけの選挙だと言われようとも感心ある国民の総意には違いありません。なにより与党を批判するよりも野党の不可思議な行動が目立つからこそ消去法で成り立ってしまっているのをもっと理解すべきではないでしょうかね。いかにそれが仕事とはいえ批判だけなら誰でもできるのですから、同時に代替案を語る事こそが建設的な在り方な気がしてなりません。

ホンヤクラブ

  
  

amazon