fc2ブログ

記事一覧

4-7-8呼吸法に乗っかってみる

ストレス発散はもちろん健康にも必要不可欠な睡眠。けれど興奮していたりその日あった事が気になってしょうがない夜はなかなか寝付けませんよね。そんな時お薦めなのがアンドルー・ワイル氏が発案した4-7-8呼吸法です。この呼吸法、日本では睡眠誘導に最適なんて紹介が多くされていますが、その本質は気持ちを落ち着かせるリラクゼーション効果であり、精神的にとても不安定な患者に対してこの方法を使うよう指導しているなんて聞くと俄然興味がわいてきます。


4-7-8呼吸法のやり方


その方法は至ってシンプル。息を吸って、止めて、吐くの繰り返しです。これをたった3~4回、おおよそ1分程度繰り返すだけで気持ちが落ち着くと言うのですから試してみる価値はあると思います。その際、ポイントとして4-7-8呼吸法の名の通り、それぞれを4秒、7秒、8秒間掛けて行うとより効果的だそうですが、実際のところ時間はそれほど問題とされておらず、とにかく吸って、止めて、吐くの繰り返しこそが重要だそうです。

① 鼻から息を吸う(4つ数える)
② 息を止める(7つ数える)
③ 息をゆっくり吐き出す(8つ数える)


これっていわゆる腹式呼吸に近いですよね。鼻から息を吸うことで自然とお腹が膨らむので、口から吐き出す時にお腹を引っ込める要領で行えばまんまそのものです。その結果、副交感神経が刺激され体がリラックスするなら、むしろ意識して行うことでさらに良い結果が得られそうです。そもそも人間の体は緊張したり不安な時は呼吸が浅くなります。そしてその逆もまたしかり、呼吸が浅いと不安になったりストレスが溜まりやすかったりもするのです。なので落ち着くためだけでなく、どんな時でも一段落付いたときは常に深い呼吸を心掛けることで快適な睡眠はもちろん、余計なストレスもまた随分と軽減されるかと思います。


最近のひとこと

ハピタスを経由してYahoo! JAPANカードを作成すると最大11,000円相当のPayPayボーナスがもらえるとかなんとか。

ホンヤクラブ

  
  

amazon